着物を着るには専用の小物が必要です。サッと着れる洋服と違い煩わしいと感じるでしょうか。

しかし、手間と時間が掛かるからこそ、着物を着た喜びが一層増すのではないかと思います。

​肌着

足袋

長襦袢・衿芯

下着の上に身につけます。汗を吸収し着物を汚さぬよう守ってくれる役割があるので、必ず身につけましょう。 ​ ワンピース型とセパレート型があります。お好みに合わせて着用して下さい。 また、当店では汗とりに優れた肌着や補正肌着もご用意しております。

press to zoom

オーソドックスな白足袋は1年中履くことができますので必ず持っておきましょう。

press to zoom

長襦袢は肌着の上、着物の下に着用するものです。 着物に汗や皮脂など汚れが付くのを防ぎます。 衿芯は長襦袢につけた半衿の内に入れて使用します。 衿を立たせて着物を格好良く見せてくれます。

press to zoom

着物を着るときに使う紐です。着付けの時の仮止めとして、また着崩れしないように結ぶための紐です。 2本は必ず着用するので、仮止めも考慮して3~4本用意しておくと安心です。 伊達締めは腰紐の上から結ぶ幅広の布のことです。 長襦袢の上と着物の上からの計2枚使用します。 着物が美しく見えるように、また崩れにくくするために使用します。

press to zoom

帯板は帯の前の部分にしわが出来ないよう帯の形を整える為のものです。 帯の形を作る土台となるのが帯枕です。 振袖のように華やかで帯を目立たせたい時は大きく厚めの帯枕を、小紋や紬など落ち着いた雰囲気にしたい時は薄く小さめの帯枕が適しています。

press to zoom

帯揚げは帯枕を包んでお太鼓をつくり、帯の前身で端を結びます。 絞り、刺繍など多くの種類があり帯周りを華やかにし着物姿をいっそう美しく引き立ててくれます。 帯締めは帯が崩れないように帯の真ん中で締める紐です。 様々な色、柄、太さがあり、結び方もシンプルにも華やかにできます。 着物姿の全体のバランスを見て好きなものを選びましょう。帯締めが帯はもちろん、全体の雰囲気をぐっと締めてくれます

press to zoom

腰紐・伊達締

帯枕・帯板

帯締め・帯揚げ