top of page

11月 帯揚げの紹介


【一段目・両面柄違いの帯揚げ】

織の帯揚げです。片面は白地に水玉模様、片面は細長い角通しです🥰

京都老舗小物メーカーの渡敬製です。


御召生地で糸にしっかりと撚りをかけているので、シワになりにくいです。

水玉の方は白地が爽やかなので単衣の時期におすすめです。

細長い角通しの方は、地色が際立つので袷の着物に合います。


秋冬は濃い色の着物や帯をお召しになることが増えますので、このような地色はスッキリ柄もあっさりの帯揚げが良く合いますよ◎

両面使えて18,700円(税込)なので、普通の帯揚げ1枚+α位のお値段でおすすめです。


【二段目・輪出し帯揚げ】

私の大好きな帯揚げです。はんなり小紋にも、しゃれた紬にも抜群に合います🥰

柄が程よく出るように染められているので、考えずに結んでも決まります◎シワの寄りにくい縮緬地をなるべく選んでいます。

帯も着物も白地は少ないので、白地でスッキリとさせつつ花の色でアクセントになります🌸

一度使うとこればかり選んでしまうほど、優秀な帯揚げです。自分が一番リピートしていてオススメです!


【江戸小紋帯揚げ】

こちらはキリっとした雰囲気がお好きな方におすすめです。

左からグレー地に白の角通し

ベージュ地に黒の縞

小豆色地に白の角通し

ベージュ地に黒の万筋です。


両サイドは黒っぽいので、明るい地色の着物や帯のアクセントにおすすめです。

中央二枚はそれなりに明るめの色なので、着物と帯は濃い地・薄地問いません◎

帯揚げ一枚でも雰囲気が随分と変わります🥰お気に入りの着物に一枚追加してみてはいかがでしょうか。

14,300円(税込)

Comments


bottom of page