5月 総会の着物


先日行われた商工会総会に、色留袖を初おろししました☻

今までは平会員だったので色無地や附下げで参加していましたが、今年から総会担当の委員長になりましたので気合を入れて色留袖にしました!


三つ紋なので格としては訪問着と同格です。色留袖まで着なくても良いんでしょうが、昨年お直しをして着る機会が無かったので・・・。自分のお気に入りを着ていると気分が高揚しますね。気が引き締まり、無事に総会を終えることができました。

コロナに翻弄され落ち込むことも多いので、自分の好きなものは全力で楽しんで心のバランスを取っています♪


この色留袖はお店の倉庫に眠っていたものを発掘し、お直しをしました。手描きの白獅子がインパクト大です。色留袖を誂えるとして、一着目には選ばない柄ですし、探してもこれだけ粋なものは無いでしょうからラッキーでした。


胴裏はシミだらけだったので新品に変えました。薄ピンクの表地にシミが無かったのは奇跡✨紋が濃い茶色で渋かったので、裏桔梗の紋に合わせて紫に紋替えしました。八掛も濃い茶色でしたので、地色同色のピンクに染め替えました。


これだけ手を掛けても新品を誂える3~5分の1程度の値段で出来上がります。数十年経っても充分着用できます。近年サスティナブル社会と謳われてますが、着物は手入れをしながら何十年も使えますし、傷んで着れなくなってもバッグなどにリメイクもできます。着物は昔からサスティナブルですし、今後も長く愛され続ける製品の一つです。

家に着物が眠ってる方、ステイホーム期間に是非手を掛けてあげてください♪