7月 浴衣で委員会


佐賀商工会議所青年部の合同委員会で浴衣を着ました☺

皆様当店で誂えて頂きました。ありがとうございました!

せっかくなので少しずつ解説をします。


右・男性浴衣

白地に井桁の浴衣×青黒の幾何学角帯です。

背が高くスリムな方なので、柔らかく見える白地を選ばれました。

帯はスッキリと青地で、貝ノ口結びです。



右から二番目・男性浴衣

紺地の浴衣×麻絹の夏角帯です。

浴衣の近めの写真が無く、角帯はうちに色違いがありましたので載せておきます。

浴衣は紺地で濃淡で太い縞になっています。そして細かい白い縞が全体にあります。

地色に濃淡があるので、遠目から見てものっぺりせず粋になります。

角帯は遠目から見ても柄がクッキリです!

浴衣は遊び着なので、柄が目立つ方が洒落て見えます。


左から二番目・女性浴衣

三勝の紫陽花浴衣×博多献上帯です。


紫陽花の外側は黒に近い濃紫~中心に向かって薄い紫にぼかしてあります。

上品な可愛らしさのある浴衣です。

この水色の帯だと優しい印象です。帯によって雰囲気が変わるのが着物の楽しいところです。


左・女性浴衣

左の方は前回もご紹介しましたが、竺仙の浴衣です。

東京オリンピックをテーマに作られた輪繋ぎです。

白地に黒・紺・青・グレーなど様々な寒色系の色の輪がおしゃれです。

半幅帯は西村織物さんの麻が入った四寸です。黄色や浅葱色で元気に可愛らしく。



コロナ禍でも浴衣を求めてくださり嬉しい限りです。

夏らしくて良いね!のお声をたくさん頂きました。

どんな時でも、少しの余裕と言いますか、季節を楽しむ心は持っていたいものですね。