染めと織のきもの平安

  • Instagram Social Icon
  • Facebook Social Icon
  • Google+ Social Icon

佐賀市神野東三丁目6-1 0952-31-4668

Recent Posts

7月 18歳成人について思う事

July 4, 2018

18歳成人法が成立だそうですね。細かいことは置いといて、成人式と振袖について思う事だけ書きます✍

18歳成人でも成人式を行うのは地方自治体なので、成人式は受験や就職活動が落ち着いている20歳でしてほしいなと思います。当店は振袖に特化していない呉服店ですので、そのような呉服店とはまた違った思いがあります。

 

成人式に振袖を着る女性は90%以上です。しかし成人式が終わるとどうでしょう。その後の人生で着物を着る機会は、自分で作らないと無いという人がほとんどです。大学の卒業式、結婚式の和装、子供の入卒式のための訪問着まで着れば、一般的には着ている方でしょうね。

 

40年前はお茶・お華・踊りのお稽古事は一般的だったので、お稽古用の着物・本番用の着物・礼装や街着と様々な着物が売れていました。

20年前までは嫁入り道具として「黒留袖・訪問着・喪服一式」はまだ売れていました。

 

しかし女性の社会進出と共にフルタイム勤務で家事・育児が普通になった昨今。お稽古事に時間を割ける人が減りました。女性のスーツ・洋装も一般的になり「礼装の場は着物」という概念が無くなり、嫁入り道具の着物もタンスにしまいっぱなしという話をしょっちゅう耳にします。現代人にとって着物は身近なものでは無くなってしまいました。それは時代の流れとして仕方のないことです。

でも・・・それでも・・・!着物はとても美しいです。日本人に似合うのは着物です。海外でも評価されるのはスーツ姿ではなく着物姿です。それだけは日本人として忘れて欲しくないです。

 

成人式で着物を着なかったら、一生着物を着ない人が増えると思います。成人式って楽しい思い出ですよね。「成人式=楽しかった」と「成人式=着物」のおかげで着物は良いイメージです。この刷り込みが大切です。

卒業式や結婚式などの「人生の節目で着物を着た」のもこれまた大事な刷り込みです。こうやって少しづつ少しずつ刷り込みしていくことでいつか、「着物って素敵」、「着物を着たい!」に繋がるでしょう。

何かを経験した後は、それに対する興味が多少増えますよね。その繰り返しで段々と好きになっていくので、「成人式で着物を着る」という一番初めの経験はとても大切なんです。なので成人式で振袖を着る機会を失うと、呉服業界ガタガタになると思います。

 

 

着物の着付けって焦ったりイライラしてると上手くいかないんですよ。余裕がないと美しく着れませんの。慌ただしい現代だからこそ、時間と心の余裕が必要です。だから成人式も、18歳の慌ただしい時ではなく20歳で心の余裕を持って参加できる時に開催して欲しいなぁ。。。

 

 

Please reload

    Please reload