着物は礼装からカジュアルまで様々です。「振袖」や「訪問着」など聞いたことはあっても区別が難しいですね。

着物・帯についての種類やTPOを解説しています。

振 袖

留 袖

訪問着

色無地

振袖
振袖
振袖
振袖

未婚女性の第一礼装です。 写真の振袖は本染めの手絞り入り古典柄です。 全体が赤色で若い人向けの華やかさと華麗さを醸し出す逸品です。 なおかつ柄の一部に黒を入れることにより、その赤をより引き立たせる手染めの着物です。 振袖とは袖の長い着物です。華やかな絵羽模様の柄が特徴です。刺繍・金箔・絞り染めなどとても豪華な着物です。 成人式以外でも花嫁衣装や結婚披露宴への参加、お茶の初釜といった晴れの場にふさわしい着物です。 ※絵羽模様・・・通常着物の模様付けは反物の状態で行うが、絵羽模様は着物の型に仕立てた後模様付けを行う。

振袖 帯
振袖 帯

帯は西陣手織り唐織の最高級品です。 唐織というのは、織り帯の中で綴れ織りの次に格の高い織り方とされています。 模様は古典の七宝継ぎで、正倉院有織文様です。

留袖
留袖
留袖
留袖

既婚女性の第一礼装です。 写真の黒留袖は手描きの加賀友禅です。 金彩を使わず、全て手描きで濃淡を表した黒留袖です。 留袖の由来は、振袖の袖を結婚後に縫い留めたことからその名がついています。振袖と同じく絵羽模様です。 留袖には黒留袖と色留袖があります。名前の通り、黒で染めたものと色で染めたものの違いです。 黒留袖は結婚式や披露宴で親族女性が着用することが多いです。 色留袖は紋によって着用目的が変わります。 五ツ紋は第一礼装として黒留袖と同格になります。 三ツ紋では第二礼装として婚礼時の親族である場合に着用できます。 一ツ紋は第三礼装としてパーティーや同窓会などの出席時に着用をおすすめ致します。

留袖 帯
留袖 帯

帯は全通の袋帯です。 正絹西陣の手織り綴れ織です。 袋帯の中では最上級の織り方の帯です。 また格調高い柄付きで、留袖にぴったりの柄です。

訪問着
訪問着
訪問着
訪問着

既婚・未婚を問わない準礼装です。 写真の訪問着は一越しちりめんで、生産地は滋賀県長浜です。 京友禅の古典柄です。 秋・冬・春までオールマイティに使える柄です。 こちらも絵羽模様です。付け下げとよく似ていますが訪問着のほうが華やかなため、着用機会が多いです。 1枚持っておくと結婚式やお茶会、パーティーなど幅広く使うことができます。

訪問着 帯
訪問着 帯

帯は訪問着に合う唐織の格調高い袋帯です。 色とりどりの毬が華やかで、着物をより一層美しく見せてくれます。 帯を目立たせたい時は、ぜひ飾り結びを取り入れてみてください。

色無地
色無地
色無地
色無地

紋によって格が変わる着物です。紋をつければ訪問着や付け下げのように礼装に、紋なしでは略礼装となります。 基本的に一色で染められた無地~柄の少ない着物のことを言います。用途が幅広く色や小物によって吉凶両用になります。 黒の帯をすることで略式の喪服に、グレーの着物で法事に、慶事の場合は明るく華やかな色を選びましょう。 また、茶道の世界では派手を避けることから色無地着用が好まれています。 着物の地色は年齢より少し地味目を選びましょう。 そして帯を少し派手目にすると、トータルでスッキリ小粋な雰囲気に仕上がります。 帯は上等なものを締めることをお勧めします。

色無地 帯
色無地 帯

袋帯です。 決して派手な柄ではありませんが、多くの色が使われ目を引く帯です。 上品でありながら可愛らしさもある帯です。 色無地は着物がシンプルなので、帯を華やかにすると一歩上の着こなしができます。

付け下げ
付け下げ
付け下げ
付け下げ

既婚、未婚を問わない略礼装です。 写真の付け下げは地色が渋い分、柄の全糸と中の手描きぼかしが華やかで全体を構成しています。 付け下げは柄次第で訪問着に近い礼装にも、普段着にもなります。 礼装の絵羽模様と違い反物の状態で絵付けをするため、柄が少ないまたは小さいものが多いです。

付け下げ 帯
付け下げ 帯

帯は手織り西陣袋帯です。 全体を引き締めるために六通柄の帯を締めています。 帯揚げ・帯締めを緑で色合わせし、存在感を出しつつすっきりさせました。

小紋
小紋
小紋
小紋

普段着~おしゃれ着になる着物です。 写真の小紋は飛び柄小紋です。 柄は全て手絞りです。普通の小紋と比べて格調高い柄付けになっています。 全体に細かい模様が入っていることからその名がつきました。総柄や飛び柄があります。 訪問着・付け下げは肩が上になるように模様付けされているのに対し、小紋は上下方向関係なく模様付けされています。 カジュアルな着物ですが、江戸小紋は格式が高くお茶席にも着ていけます。

小紋 帯
小紋 帯

帯は唐織の名古屋帯です。 古典柄で格式高い帯なので、着物の格を上げてくれます。

紬
紬

普段着~おしゃれ着です。 写真の紬は最もオーソドックスな紺地に飛び柄です。 糸をより(ひねり)をかけて丈夫な糸に仕上げて織った絹織物のことです。 糸の状態で染めてから反物に織る先染めと呼ばれる織り方でつくられます。 絹を用いた後染めとは違った渋い光沢があります。 丈夫なので昔は日常の衣料として着られていました。このことから正装には向きませんが、最近では略礼装程度には用いられることもあります。

紬 帯
紬 帯

帯は紬に合うよう、カジュアルなパッチワークの名古屋帯です。 柄は御太鼓柄です。今はパッチワークの帯は少なくなってきています。

喪服
喪服
喪服
喪服

葬儀や法事に参加するときに着用する着物です。 写真の喪服の生地は一越しちりめんです。 藍下黒染めの逸品です。 親族や近親者の場合は黒喪服に黒喪帯が一般的となります。 故人と遠い関係の場合は着物か帯どちらかが色喪でも良いでしょう。また、法事や故人を偲ぶ会などはグレーなどの落ち着いた着物を着るようにしましょう。 喪服は基本的に五つ紋です。 両肩の下あたりにそれぞれ紋が入っています。

喪服 帯
喪服 帯

帯は袋帯です。 帯は般若心経を織り込んであります。

附下げ

小 紋

喪 服