top of page

着物からバッグへ


こちらの利休バッグは、京都小物メーカー・衿秀さんの加工です。カラフルな大島紬の難しい柄も、できる限り柄合わせをしてくださいました💛見えない底も、見えるところと同じように気を配ってあります。


また、ファスナーの紐や持ち手の根本など、本当に細かいところまで手仕事で仕上げてくださいました。

この着物は母のお下がりで、お気に入りで擦り切れる程着て、それでも捨てられなくてバッグにしました。擦り切れてた着物がこんなに素敵なバッグになって本当に嬉しいです🥰眺めてうっとりしています。

こちらは着物から日傘を一本作り、残った布でこんなに素敵なバッグもできて大満足です。


黒のバッグは、着物から羽織をつくった残りで作りました。羽織とお揃いでも、単体でも活躍します。

絹布は50年耐久性があると言われています。絹の光沢は時間が経っても美しく、生まれ変わってまた使える喜びがあります◎

利休バッグ加工(底鋲付)で28,000円(税込)です。

bottom of page